NDP 高品質カラーデジタル印刷システム

NDPとは

NDPはNissha Digital Printingの略称です。従来のオフセット印刷とシームレスに代替可能なハイレベルのデジタル印刷を 実現。印刷物の極小部数制作・ジャストインタイム納品により在庫リスク、保管・廃棄ロス問題を解決します。また、One to Oneマーケティングのソリューションとしてバリアブル印刷も可能です。※NDPはNISSHA株式会社の登録商標です。

特長

NDPの採用実績

NDPの5つの特長

特長1:オフセットを凌ぐ広色域

広色域

通常のオフセット印刷(CMYK)を超える広色域を表現します。特に微塗工紙の着肉部の光沢度が上がります。

RGB からの出力

RGB画像からの出力が可能となり、より鮮やかに印刷できます。

オフセット印刷との併用

オフセット印刷と同等の色調再現をデジタル印刷で実現するカラーマネジメント技術により、重版時には部数に合わせてオフセットとNDPの使い分けができます。

見当合わせ

デジタル印刷では難しかった両面の見当合わせが改善され、オフセット印刷の精度と同等となりました。

JapancolorをカバーするNDPの色域
JapancolorをカバーするNDPの色域
活用例
  • ●初版:オフセット印刷 → 増版:NDP(少部数)
  • ●初版:NDP(限定豪華版) → 増版:オフセット印刷(廉価版)

特長2:幅広い用紙に対応

凹凸も対応

デジタル印刷専用紙ではなく、アート紙やコート紙、凹凸のあるエンボス紙まで幅広い用紙に印刷できます。 プレコート不要のため、紙の風合いを損ないません。

厚紙も対応

四六判69~350kg 相当*まで印刷可能です。
* 紙厚0.06㎜~0.45㎜相当。( 両面の場合、四六判69~300kg〈0.06㎜~0.6㎜〉相当) 一部苦手とする用紙もございますので、お問い合わせください。

印刷サンプル:サーブル スノーホワイト 四六判 160kg
印刷サンプル:サーブル スノーホワイト 四六判 160kg
活用例
  • ●特殊紙を使ったポスター・チラシ
  • ●ページごとに紙を変えた造本設計

特長3:柔軟なロット対応・低コスト

版を作らないデジタル印刷では、オフセット印刷と比べて、より小ロット・低コストでの印刷を行うことができます。

デジタル印刷機による少量生産効果のイメージ(印刷コスト+ 保管費用)
デジタル印刷機による少量生産効果のイメージ(印刷コスト+ 保管費用)
活用例
  • ●小ロット出版
  • ●サンプル作成
  • ●多品種小ロットのポスター・チラシ
  • ●One to Oneに対応したバリアブル印刷

特長4:短納期

UVインクのため色移りの心配がなく、乾燥が不要となりました。また、テクノロジーの進歩により工程が大幅に削減し短納期が実現。

ワークフローの比較
ワークフローの比較
活用例
  • ●小ロット出版
  • ●サンプル作成
  • ●多品種小ロットのポスター・チラシ
  • ●One to Oneに対応したバリアブル印刷

特長5:大判サイズ印刷

最大B2相当印刷

最大印字サイズは片面565×728㎜、両面565×720㎜と、B2相当サイズまでの印刷が可能です。

さまざまな後加工

PP貼り、箔押し等の後加工が可能です。

耐光性

耐光性はオフセット印刷より優れており、ポスターや書籍のカバーなど、日光が当たる環境にも適しています。

耐光性

カーボンアークフェード試験 48時間照射 屋外換算100時間:3ヶ月相当

耐光性
活用例
  • ●大判ポスター
  • ●書籍カバー印刷

よくあるご質問

印刷について

Q. どのくらいのサイズまで印刷できますか?
A. 最大印刷サイズは565×720mmです。
Q. どのくらいの厚さの紙が印刷できますか?
A. 0.06~0.45mm(4/6〈69~300kg〉相当)です。
Q. 特色やニスは印刷できますか?
A. できません。プロセスカラー4cのみとなります。
Q. どんな紙でも印刷できますか?
A. 多くの種類に対応していますが、一部非対応の紙もあります。詳しくはお問い合わせください。
Q. 入稿形式はどのようなものですか?
A. PDF形式(X1-a、X-4規格)を推奨いたします。詳しくはお問い合わせください。

表面加工について

Q. 印刷の後の表面加工はできますか?
A. PP貼や箔押しは可能ですが、LCコート、プレスコートはお薦めできません。特殊な表面加工をご希望の場合はご相談ください。

製本について

Q. どのような製本ができますか?
A. 通常のオフセット印刷で可能な製本に対応しています。特殊な製本をご希望の場合はご相談ください。