NEWS
ニュースリリース

「KOREA & JAPAN FABRIC展」にNissha Fabricを出展

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社は、1月15日から東京・青山のMaterial ConneXion Tokyo(マテリアルコネクション東京)で開催されている「KOREA & JAPAN FABRIC展」に、布素材への昇華転写をコア技術として製品展開するNissha Fabricを出展しています。Nissha Fabric は、これまで培ってきた高度なカラーマネジメントと高精細な印刷技術を布素材「ファブリック」で実現します。今回の出展に際し、テキスタイル作家とのコラボレーション製品を展示するなど、これまで主に広告用途として販売してきたLED内照式パネルに加え、インテリアやアパレル、雑貨、日用品、建材など、新たな分野での幅広い用途を視野に入れながら展開を図っていきます。

Material ConneXionは、ニューヨークを本拠地とする世界7都市で、さまざまな素材や加工技術をライブラリーし、製品、デザイン、 開発および製造のイノベーションに結びつけるためのサービスと提案を行っています。東京のライブラリーはNISSHAグループの株式会社エムクロッシングによって運営され、会員制素材ライブラリーの他、ショールームにおいてさまざまな素材をテーマにした企業参加型の企画展を開催しています。

「KOREA & JAPAN FABRIC展」

展開催概要 韓国のマテリアルコネクション大邱(テグ)と協力し、 韓国と日本のファブリックやファブリックにまつわる加工技術を展示紹介
会期 2018年1月15日(月)~2018年3月30日(金)
開館 10:00-18:00(休館日:土・日・祝)
プレゼンテーション会 1月31日、3月6日
会場 Material ConneXion Tokyo
入場料 無料

■関連情報
Material ConneXion Tokyo 「KOREA & JAPAN FABRIC展」Webサイト